精進落としとは、初七日法要を終えたあと、それまでの葬儀や法要が無事に終わったことの報告や、それに対する感謝・ねぎらいの気持ちも込めて、喪中は僧侶や世話役、弔問者のために食事の席を設けることです。 また、精進落としの言葉は故人がお世話になった方への感謝の気持ちを込めて挨拶をする必要があります。