通夜振る舞いとは、故人との最後のお別れをするお通夜の後で振る舞われる食事会のことです。 現在もその名残から、故人を偲んで皆で思い出話しをしながら食事をしたり酒を飲むのが一般的で、故人への供養やお清め、遺族から弔問客へのお礼といった意味が込められています。